Kona Linux 4.0 black 音質向上してる?

 kanzou的な話だが、軽さと音質でずっと使い続けてきたFirefox17esrがついにYouTube再生完全不可能にさせられて、XP時代の古くて低能力なパソコンで使えるLinuxディストリビューションがなくなった感じでいたが(軽めのブラウザでも音質的に気に入らなかったりもして)、KLUE 3.0 Liteならまあ使えそうにみえて音質の設定が絞りきれずに納得まではいっていなかった。  そんな折に気分転換で遊んだSparkyLinux 5.5 baseのnon-paeカーネルの音が割と良く(聞き続ければキツさが浮いてくるのだが)、それならば同じDebian系のKona Linux 4.0 blackなら、音質向上目覚しいKLUE 3.0の進化にも連動しているらしいので、それらの古いパソコンにインストールしてみた。      (どちらもb43無線LANカード使用という古さ)  今回は頑張って実機インストールで次々と出てくるウィンドウをキャプチャーしてみたので(完璧ではないが)、それらの画像をずらずらーっと並べてみますわ(けっこう細かく出てくるので忘れているのもあるかも、、)。 1、インストール段階  Kona Linux 4.0 blackのisoは、Googleドライブkonalinuxのダウンロードページからたどって、、、えっ?!まさか!!??、、jack,blackjackが消えたのは知っていたが今2018/10/11 22:30に見たらblackも消えている…

続きを読む

SparkyLinux 5.4 base はPulseAudioで鳴らせばいいんじゃない?

 Debian 9 testing ベースの Sparkylinux rolling 5.4 は、LXQtエディションと、Minimal GUI(no codecs)=baseエディションと、Minimal CLI(no codecs,no Xserver)=cliエディションになっているが、ここでは使いやすさと軽量さとでダントツな Sparkylinux 5.4 base を取り上げて、その音質を探ってみよう(多々画像で)。  Sparkylinux 5.4 baseのウィンドウマネージャはOpenboxで使いにくそうに思われるが、5.4ではパネルにファイルマネージャとターミナルが既存で、これだけでもkanzou君には嬉しく気持ちよく使えた。またmenuアイコンならぬApplicationsアイコンをクリックすれば、デスクトップ一面にアプリアイコンがズラ〜と並ぶというどこかで見たことがあるような景色を眺めることができる。  (アプリ数が少ないから一面で収まってしまう & gscreenshotは起動してこないのでsparky-screenshotをインストールした)  ところで、今までkanzouブログではALSAだJACKだと言ってきたのだが、このシンプルで最新の軽量Linuxなら、PulseAudioのままでサラリと鳴らしても聞くに耐えない音になることはないのでは!?という安易な発想のもとに、ついでにアーキテクチャも安易に32bitでいいだろうということにして(案外64bitと…

続きを読む

Kona Linux 4.0 さらなる進化

 収束したかと思われたKona Linux 4.0の更新情報は、2018年に入っても随時発信されていた!  他のLinuxにかまけてKona Linuxはほとんど使わずにいたが(USB子機によるWi-Fi接続が不調だったりもして)、インストールしてあったパソコンを開いて4.0 blackを起動してみると(Wi-Fi内蔵)自動更新が始まり最新機能が適用された。 *Kona Linux 4.0 black (32bit) 「音質の設定」の変遷*  ハイファイモードの音質の設定では「最高音質にする」をクリックすると、「mode-3「と「パワーマネージャーをRamDiskに置く」がチェックされる。画像のその他設定はkanzou個人の環境によるもの。  2018/4/25 いたずらをしているうちに、音質の設定での項目が減っていた。余分なチェックを入れられないように(kanzouへの警告?)4.0 black専用になったのだろう。  2018/4/27 また自動更新が入っていた。音質の設定での項目が今度は増えた。しかし44100Hz再生のkanzouには関係なかった。「排他的」ってWindowsではよく聞いたような。。。  2018/4/28 自動更新され「最高音質にする」の設定内容も変更された(下の画像)。kanzouの仕様機器と合わないし音質的にも合わなかったので、ハイファイモードはmode-3、サンプルレートは44100、リサンプル方式はs…

続きを読む

SparkyLinux 4.7 LXDE で簡単ALSA再生

 また同じような内容の投稿で恐縮だが、七面倒臭いALSAの設定はやめて、なるべくアプリ内で切り替えたほうが現代的だし、ここ数年来の新しいLinuxディストリビューションには音質的にも適合しているのではないだろうかという、そんな趣旨で今回は書いてみよう。  登場いただくLinuxは SparkyLinux 4.7 LXDE 君! 目新しさに欠ける〜、、、とお思いでしょうが、Microwatt-R10よりはよっぽど扱いやすく、Sparky4.7baseより少し親切な印象で、isoサイズは1.3GiBとCDサイズを超えてしまうが、USB起動だし、Kona4blackの1.4GiBより小さい!?から、これで行ってみようーーー。      (Audaciousは後からインストール) 1、インストール  SparkyLinux プロジェクト日本語トップページ - OSDN>ダウンロードファイル一覧>lxdeから、4.7のi686かx86_64のisoをダウンロードして、kanzou君はUnetbootinでUSBメモリからライブ起動。  Wi-Fi接続はアイコンをクリックして該当するSSIDを選択してキー入力(守備範囲はDebianより広いので嬉しい)。  キーボード選択は手動。  パーティションはext2(音質的選択だが何かと不都合もあるので注意)で13GBほど(使用5GBほど)、swapなし(都合で)。  Grubはsdaに入れた(WindowsとKonaが同居)。  r…

続きを読む